こんにちは!酒田みなみ整骨院です。

本日は自宅で身体をケアする方法の中から、ストレッチについて説明させていただきます。

静的ストレッチ

同じ姿勢をキープし、じっくり筋肉を伸ばす方法がこのストレッチの特徴です。ストレッチと聞いてイメージするのは、この静的ストレッチが該当します。

静的ストレッチのメリットは「柔軟性(静的柔軟性)」を高める効果が高いこと。また、筋肉の緊張をやわらげ、血行を良くすることで、疲れやカラダのだるさを改善することができる。

動的ストレッチ

カラダを動かしながら筋肉を伸ばしていく方法を「動的ストレッチ」といいます。皆さんが子どもの頃よく行ったであろうラジオ体操も、動的ストレッチの一つです。カラダを動かしながら行うため心拍数が上がり、カラダが温まって筋肉が伸びやすくなります。

昔は、筋肉の柔軟性を高める静的ストレッチを行うことで、ケガを防ごうという考えが一般的でした。しかし、さまざまな研究で、運動前の静的ストレッチにはケガを防ぐ効果はないという結果が出ています。

運動前におすすめなのは「動的ストレッチ」

足を大きく振り上げる、腕を大きく回すなど、勢いよくカラダを動かしたときの可動域の広さを「動的柔軟性」といいます。静的ストレッチを行うことで筋肉の柔軟性は高まりますが、筋力との関係により「動的柔軟性」は低下し、運動中のパフォーマンスダウンへとつながることもあります。そう考えると、運動前に静的ストレッチを行う必要性はなく、むしろカラダを動かしながら筋肉を伸ばす「動的ストレッチ」が効果的と言えるでしょう。

運動後は「静的ストレッチ」がおすすめ

運動後のストレッチは、疲労した筋肉の状態を回復せるために行われることが多いと思います。その場合、静的ストレッチが適しています。ゆっくり筋肉を伸ばすことで、心身ともにリラックスすることができます。

このとき、短時間でパパッと伸ばすのは効果的ではありません。15秒程度の静的ストレッチには疲労回復効果がないという結果が出ています。せっかく行うのであれば、ゆっくりと時間を取りましょう。痛みや硬さなど、運動後のカラダの状態をチェックしながら行うようにしてください。

柔軟性を高めるなら「静的ストレッチ」がおすすめ

カラダを柔らかくしたいという人は、静的ストレッチが最適です。静的ストレッチは、カラダが温まっているときに行ったほうが高い効果を得られます。運動後やお風呂の後などに行うとよいでしょう。

カラダを柔らかくしたいからといって、痛みを我慢してまで伸ばすのはもちろん避けましょう。ストレッチで筋肉が急に伸ばされ痛みを感じると、筋肉は危険を感じ、縮まろうとします。これを伸張反射と言います。柔軟性を高めるためには、この伸張反射が起こらないよう、ゆっくりと痛みのない程度に行うことが重要です。

ストレッチを習慣化することで、疲労回復をサポート

ストレッチも定期的に継続して行わなければ効果は低くなってしまいます。運動前後だけでなく、日頃からストレッチを行うように習慣づけることで、カラダの調子も良くなるでしょう。ストレッチを駆使して疲れが溜まりづらいからだ作りを目指しましょう。

#テレワーク
#自宅
#自宅待機
♯おうち
#カラダのだるさ
#動的柔軟性
#動的ストレッチ
#静的ストレッチ
#疲労回復効果
#酒田
#消毒
#コロナウイルス対策
#肩こり解消
#酒田みなみ整骨院

名称 酒田みなみ整骨院
所在地 〒998-0828 山形県酒田市あきほ町120-1イオン酒田南店1階
電話番号 0234-26-0288
休診日 年中無休
診療受付時間 10:00~20:00
アクセス方法 庄内空港より (連絡バス 庄内空港-酒田) (4.1㎞ 車で10分 徒歩で約51分 )
酒田駅より (JR羽越本線) ( 4.1㎞ 車で10分 徒歩で約51分 )
診療受付時間
10:00~20:00


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容