自律神経の乱れ

交感神経副交感神経
バランスが崩れることが原因。

自律神経の乱れが原因で不調を感じる人が現代社会で急増しています。
そもそもなぜ自律神経が乱れるのでしょう?
私たちの体を守る自律神経は、体内を無意識に調節する2つの神経から成り立ちバランス良く働きながら健康でいられるように身体を守っています。
その二つとは交感神経と副交感神経です。

交感神経の働きとは、主に体の動作時や運動時・緊張・ストレスを感じている時などで、副交感神経の働きは、主に体を休めている時や休息時・睡眠・修復・リラックスしている時などです。
この二つの神経のバランスのが崩れる為に自律神経の乱れが起きます。

自律神経の乱れの理由は、さまざまなストレスです。

自律神経の乱れの理由はさまざまなストレスです。

ストレスは交感神経を優位に活動します。
適度なストレスなら問題ないのですが、ストレスが多い生活が原因となって自律神経のバランスが乱れます。
そしてストレスが多い生活を過ごしていると交感神経ばかりが働いてしまうため、体を回復する「副交感神経」が十分に働けなくなり回復が追いつかず、身体に様々な不調を引き起こしてしまいます。

肉体的なストレス
睡眠不足・運動不足・不規則な生活・多忙な仕事・花粉などのアレルギー・騒音・厚さ・寒さ・怪我・病気など
精神的なストレス
仕事や受験でのプレッシャー・人間関係・将来の不安・育児や子育て・いじめ・ノルマ・家計・左遷・業績不振など

// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容