こんにちは、酒田みなみ整骨院です。

今回は今の時期にまだまだ油断できないぎっくり腰の内容です。

正式には急性腰痛症と言います。
突然起こる腰の痛みを俗にぎっくり腰と呼ぶので、原因や部位は様々です。

起こる原因としてはよく荷物を持ち上げるときにぎっくり腰になる人がいますが、
大きく体を捻った時やくしゃみのショックでぎっくり腰になることもあります。

また一度ぎっくり腰になった人は癖になると良くいいますがぎっくり腰で一度腰を痛めるとその後何度も繰り返し発症します。
これは、同じ場所を繰り返し痛める場合と、
痛めた場所の負担を避けようとして他の場所を痛める場合があります。

ぎっくり腰を起こさないためには

体を柔らかく

体が固いと、知らず知らず負担が集中してしまいます。
体を柔らかくするようなストレッチをすることで、急な負担によるぎっくり腰を防ぎます。
お気に入り詳細を見る 重いものはゆっくりと持つ事。

持ち上げようとした荷物が思ったより重かった、などはよくぎっくり腰の原因になるエピソードです。
急に持ち上げずに、負担を確認しながら作業することで、このような事故を防ぐことができます。

物を持ち上げるときに、ついつい腰(背中)を反らしてしまう人が多いですが、
これは腰を痛める原因です。
お腹に力を入れて体を反らさない体の使い方を身につけましょう

治し方、対処方法

2~3日は安静にする

もしぎっくり腰になってしまい痛みがあってもなんとか動けるのならば酒田みなみ整骨院に行きましょう。

腰の痛みが足などに広がる場合や、痛み続ける、発熱するなどの場合は深刻な症状の可能性もあるのでなるべく早く通院し相談しましょう。治療が早く出来れば痛みも早く引きます。

痛みが取れた後には
体操を取り入れる

腰を痛めたあとには、その部分が固まってしまい繰り返し痛めやすい状態です。
背骨をゆっくり動かすような体操で固まりをほぐすと再発予防になります。

一度腰を痛めた場合、他の部分に負担がかかりがちになります。
左右で偏った歩き方になっていないかなどを注意してみましょう。

ぎっくり腰の原因は筋力不足のことも多いです。痛みが引いたあとは無理のない範囲で痛めた
部位の周辺を動かして筋力トレーニングしましょう。

ぎっくり腰だけではなく体の改善方法や、痛み、つらさを何とかしたいとお考えでしたら当院にお気軽にご相談ください!

当院では痛みに対して効果的な物理療法、手技療法などを行い、

痛みの出ないような生活習慣の指導、改善方法などをお伝えしています。

酒田みなみ整骨院では辛い痛み、症状に対して本物の治療を常に提供致します!

酒田みなみ整骨院 0234-26-0288

ご予約されるとお待たせすることなくスムーズにご案内できます!

ぎっくり腰の治療にはイオン酒田南店にある酒田みなみ整骨院にお任せ下さい!
酒田みなみ整骨院公式ツイッターをはじめました!@sakata260288で検索お願いします。
空き状況など随時配信します。

庄内・酒田でのぎっくり腰は酒田みなみ整骨院

名称 酒田みなみ整骨院
所在地 〒998-0828 山形県酒田市あきほ町120-1イオン酒田南店1階
電話番号 0234-26-0288
休診日 年中無休
診療時間 10:00~20:30
アクセス方法 庄内空港より (連絡バス 庄内空港-酒田) (4.1㎞ 車で10分 徒歩で約51分 )
酒田駅より (JR羽越本線) ( 4.1㎞ 車で10分 徒歩で約51分 )
診療時間
10:00~21:00